オンライン塾の採点からライティングの仕事に

ネットで出来る副業を初めて行ったのはオンラインでの塾の採点でした。

始める前に一日研修でその会社に行きました。簡単な操作でしたが、年配の方には難しかったのか何度も指導の方に話を聞いていました。

その後の仕事はずっと自宅で行います。必要あればメールでコンタクトを取っていました。サポートはしっかりしていましたし、会社もどこにあるのかしっかり確認する事が出来ていたので安心して仕事を受けました。しかし、仕事の内容はかなりの拘束時間を要します。

内容は簡単なのですが、その分単価もかなり安いです。毎日2時間程度の拘束時間を要してもお金は月に6000円程度にしかなりませんでした。

テストの多い月には仕事の量も多くなりました。いつもより2時間早起きして仕事を納品しましたが、それでも儲けは13000円程度でした。

疲労感の割に仕事の割が悪く。半年程で辞めました。仕事をしながら副業をするのは大変でした。

そこの会社ではきちんと就労の書類も記載してもらえるようで、仕事をしていると保育所等に提出出来る状態です。確かに保育所に預けないと仕事にならない程でした。

書類を提出してくれるのは大変ありがたい所ですが、個人にもよりますが、保育所にも預けて仕事ができる状態なら外に働きに行った方が割が良いと思いました。

アフィリエイトの経験とクラウドソーシング

アフィリエイトという言葉に出会ったのは5年ほど前です。

ブログを立ち上げました。情報を頼りにしながらアフィリエイトを始めました。無料ブログとA8ネットの組み合わせを選びました。何も知りませんでしたので、ブログを情報スタンドであるA8ネットに申請して、承認を確認し他の地張り切って始めました。

毎日成果を確認しました。なかなか成果は上がりません。誰も私のブログを見ても、買う人はいませんでした。ある日私のブログの広告を見て買った人がいました。楽器を中心にしていました。

「オー」と思って報酬を確認すると20円。当然です。商品の数パーセントだからです。3000円の買い物でしたから30円と言うことです。ある幻想がありました。それは買う人はきっとお金持ちだろうという幻想です。中に入るでしょうが、そうではなさそうだということが分かった気がしました。そう思いながらも、ブログ更新を続けました。今日もないな、今日もないな、そう思いながらです。

ある日驚きました。なんと30万円のアコースティックのギターを買った人がいたのです。300000ですから、3000の報酬です。こんな人がいるのかという思いで続けました。しかし、やってもやっても最高月の報酬は、3500円でした。

これは最高ですから、あとは「推して知るべし」です。いつの間にかこの方法から遠ざかりました。中にはA8ネットで7ケタを稼ぐ人がいたようです。これは魔術師と言ってもいいと思いました。この方法から遠ざかったあと、あるものに出会いました。

クラウド・ワークスというクラウドソーシングのひとつです。これは書くことのスキルは上がりますが、やはり自分に合ったものは、あまり束縛されない「タスク」でした。500文字で40円ほどですが、今も続けています。努力をお金にする点では「健全」だと思うからです。

トップページに戻る